Optitrack 最新バージョン Motive3.1機能紹介

Optitrack 最新バージョン Motive3.1機能紹介

この度、モーションキャプチャOptiTrackの基幹ソフトウェア「Motive」の最新バージョンMotive3.1をリリースしましたことをご案内申し上げます。
今回アップデートされた注目機能は、任意の計測点でラベル付けされたマーカーセットが自由に作成できる「カスタムマーカーセット機能」と、「トラッキング精度向上のための機能」です。また、OptiTrackカメラFlex/Duo/Trio/Slim3Uに対応しました。

PICK-UP>>Motive3.1 機能強化

カスタムマーカーセット:剛性のない対象もラベリングされて計測可能

ラッキングを行う場合や、動物、顔、背骨、さらにロープ、布、バネ等の剛性のない対象の計測を行う場合に、カスタムマーカーセットは活用できます。
この機能は、まず、任意の位置にマーカーを貼付し、トレーニング用のキャプチャデータを作成したのち、エディットペイン上でカスタムマーカーの設定を行います。
設定されたマーカー間の関係性・ラベル情報は、トレーニング機能によってソフトウェア内に学習され、LIVEモードに反映。
計測時には、ラベル情報を維持したまま、強固な剛体でのキャプチャが可能になります。

※なお、トレーニング済みのマーカーセットの同時使用は最大3つが推奨されています。


キャリブレーション機能の強化:トラッキング精度向上に寄与

インフォペインより、コンティニアスキャリブレーション機能をONにすることで、各カメラから認識しているマーカー数が十分か、マーカー間の距離が十分かの診断が表示されるようになりました。
また、3Dビュー上で基準となる3点以上のマーカーをアンカーマーカーに設定することにより、振動や衝撃でカメラ位置が変動した場合、自動でキャリブレーションが補正する機能を追加。キャリブレーションに関する機能が充実しました。


OptiTrackカメラFlex/Duo/Trio/Slim3Uに対応

Motive3.1より、すべてのOptiTrackカメラに対応しました。
PrimeXシリーズ、SlimX 13Eのほか、Flex 3、Flex 13、Duo、Trio、Slim 3Uカメラでの使用が可能です。
これにより、強固なスケルトントラッキングが可能になるほか、狭い場所や一部の身体部位での動作計測にボーン表示が活用できる等、より充実した計測が実現します。

※Flex/Duo/Trio/Slim3UカメラはMotive3.1より対応。Motive3.0では対応しておりません。
※Motive3.1の利用には、ライセンス購入のほか、3.X対応のSecurityKeyの購入が必要となります。詳細はお問い合わせください。


Motive3.1 機能強化一覧(詳細)

アプリケーション機能

  • Motive3.0対応のPrimeXシリーズ・SlimX 13Eに追加し、Motive3.1ではすべてのUSBカメラに対応しました。これには、Flex 3、Flex 13、Duo、Trio、Slim 3Uカメラが含まれます。ただし、Flex/Duo/Trio/Slim3Uの対応はMotive3.1以上となり、Motive3.0ではサポート外となります。
  • ストリーミング時の誤操作を防ぐため、ストリーミング中にMotiveを閉じることを確認するポップアップを追加しました。
  • 高DPIおよび4Kモニターのサポートを強化しました。
  • ライブモードにプライマリ選択機能を追加しました。グラフビューのOnly Primary Markerをonにすることで最後に選択したマーカーのグラフをプロットします。
  • 3Dビュー内でアクティブマーカーを選択した後、ロストしたとしても再度出現した時に選択状態を維持して3次元化するよう設定しました。
  • デフォルトレイアウトに、新たにデータレイアウトを追加しました。従来のエディットレイアウトを、データペインを広く表示するデータレイアウトと、Takeデータの簡易な編集が可能なエディットレイアウトに分割しました。
  • ソフトウェア内のすべての箇所で「Label Graph」表記を「Constraints Graph」に変更しました。
  • ソフトウェア内のすべての箇所で「Bone」表記を「Joint」に変更しました。
  • ソフトウェア内のすべての箇所で「Marker Sets」表記を「Markersets」に変更しました。
  • スケルトンテンプレートに指マーカーの位置をわずかに修正した「Core+Passive Fingers(54)」を追加しました。
  • 記録したTakeデータの「Active Pattern Depth」プロパティを読み取り専用にしました。
  • インストールフォルダの名前を変更することで、複数のバージョンのMotive3.Xを同時にインストールする機能を追加しました。
  • CinePuckおよびIMUデータを含む剛体用に、IMUセンサーフュージョンを追加しました。

スケルトンとマーカーセット

  • 新たなカスタムマーカーセットのトレーニング機能により、馬やフロアマット、顔、カスタムマーカー等、スケルトンテンプレートにない任意のマーカーセットを作成できるほか、剛性のない対象の計測もラベリングした状態での計測が実現しました。
  • カスタムマーカーセットの操作機能をビルダーペインに追加しました。
  • スケルトンテンプレートにVirtual Realityを追加しました。「6 Rigid Body Skeleton」のほか「4 Rigid Body Skeleton」「4 Rigid Body+Active Fingers(20)」を搭載しています。
  • データの計測時にアセットがソルブされた状態で記録されるようになりました。
  • アクティブマーカーとパッシブマーカーの両方を含むリジッドボディに「Min Active Markers to Boot」のオプションを追加しました。
  • コンストレイントへの変更を元に戻したり、やり直したりする機能を追加しました。

キャリブレーション

  • ボリュームスケール機能を追加しました。既知の長さの2つのマーカーに基づき、ボリュームスケールを設定する機能で、キャリブレーション精度の向上に寄与します。
  • キャリブレーションペインの開始画面に「Mask Cameras」機能を追加しました。
  • グラウンドプレーンの変更を元に戻す
  • やり直す機能を追加しました。
  • コンティニアスキャリブレーションの統計を出力する機能を追加しました。

ビューア

  • 特定のスケルトンまたはアセットに関連付けられたすべてのマーカーを非表示にする機能を追加しました。特定のアセットのラベル付けが完了したときにマーカーを非表示にできるため、ラベル付けのワークフローが改善されます。
  • OBJファイルだけではなく、「ジオメトリを置換」するためのFBXオブジェクトをインポートする機能を追加しました。

ビューア-ギズモ

  • ギズモ機能がジョイントスケルトンに対応しました。単一の子ジョイントを元の位置に保持することでスケルトン定義を編集します。
  • ギズモ機能を使用してアンカーマーカーの位置を編集することが可能になりました。
  • 基礎となるリジッドボディまたはジオメトリファイルを編集する機能を追加しました。
  • 剛体ジョイントのビジュアルをスケールする機能を追加しました。

アセットペイン

  • アセット一覧のKind列をType列に変更しました。
  • トレーニングされたマーカーセットを表す新しいアイコンを追加しました。
  • アセットタイプと3Dビューの一貫性を高めるため、アセットの右クリックメニューを一新しました。
  • アセットプロパティに「Bones Color」設定を追加しました。アセットごとに色設定が可能になり、より視覚的な計測が可能になりました。
  • ソフトウェア内のすべての箇所で「Asset Model Markers」表記を「Marker Constraints」に変更しました。
  • アセットペインのすべての「+」アクションを、そのアセットタイプのビルダーペインにリダイレクトするように修正しました。

ビルダーペイン

  • ビルダーペインの「Create」タブのタイプにマーカーセットを追加しました。
  • カスタムマーカーセットの操作機能がビルダーペインの「Modify」タブに追加されました。アセットペインより選択したマーカーセットにトレーニングデータを追加
  • 削除する機能のほか、マーカー間のスティック作成機能やジョイント作成機能等が追加されています。
  • スティックの作成機能には、任意のマーカー2点を手動で選択して作成する機能のほか、選択したすべてのマーカーを自動で繋げる機能も実装されており、マーカー間の関係性をより視覚的に表示することが可能になりました。
  • ジョイント作成機能では、2点以上のマーカーを選択してできるジョイント構成の追加、削除、ペアレント化、ペアレント化解除、および再ルート化によって、トレーニングされたマーカーセットのジョイントを変更するための機能が追加されました。
  • 「Modify」上で編集するマーカーセットの選択方法は、アセットペインからクリックで選択する方法と、Modyfi上のドロップダウンメニューから選択する方法があります。
  • 6リジッドボディスケルトンを作成する際、貼り付け方法の参考が画面で確認できるようになりました。
  • 剛体のピボットをジオメトリオフセットに整列するオプションを追加しました。これにより、Motive と Unreal や Unity などの外部レンダリング プログラムとの間でピボット位置をすばやく一致させることが可能です。
  • リジッドボディのピボットを別のリジッドボディと同じ位置に合わせる機能を追加しました。
  • 剛体のピボットをカメラと同じ位置に合わせる機能を追加しました。
  • 剛体ピポットをカメラの位置と方向に位置合わせする機能が追加されました。
  • 機能名「Spherical Pivot Placement」を「Spherical Joint Placement」に変更しました。

デバイスペイン

  • IMUデバイスの自動ペアリング機能を追加しました。特定のIMUに剛体を関連づける際、対応する剛体を自動的に検出し、それらを自動ペアリングする機能です。
  • Prime Colorカメラのデフォルトのビットレートを30MB/sに下げました。また、Prime Colorカメラに右クリックメニューを追加しました。
  • フォースプレート接続時のステータスアイコンを変更しました。
  • トラッキングカメラのパーテイションID列を追加しました。

データペイン

  • デフォルトレイアウトに、新たにデータレイアウトを追加しました。従来のエディットレイアウトを、データペインを広く表示するデータレイアウトと、Takeデータの簡易な編集が可能なエディットレイアウトに分割しました。
  • Takeファイルを1つのセッションから別のセッションにドラッグ&ドロップする機能を追加しました。
  • 現在のフォルダのサブフォルダに直接移動する操作機能を追加しました。

コンストレイントペイン

  • コンストレイントで選択したアセットのマーカーラベルをドラッグ&ドロップ操作で並べ替える機能を追加しました。これにより、ラベルの順序を効率的に変更できるようになります。このとき、ラベル名称をダブルクリックすることで、簡単にラベル名を変更
  • 修正することも可能です。
  • コンストレイントのタイプ表示を追加しました。タイプにはマーカー、キャリブレーションマーカー、6DoF、IMUがあります。
  • コンストレイントペインに、ビルダーペインのマーカースティック操作を追加しました。これにより、ビルダーペインからだけでなく、コンストレイントペイン上でも2点以上のマーカー間のスティック追加
  • 削除が可能となります。
  • コンストレイントペインでラベル順序の並び替えを行った際、アセットのカスタムラベル順序に戻すため、右クリックのメニューオプションに「Asset Sort Order」を追加しました。
  • 機能名「Generate Constraint」を「Reset Constraints」に変更しました。
  • コンストレイントをリセットする際、Weight値もリセットされるようにしました。

グラフペイン

  • グラフデータタイプの選択メニューに「Telemetry」を追加しました。各種遅延やシステムメトリクス等のパフォーマンスデータをグラフ化する機能です。
  • スケルトンジョイントデータをグラフ化する機能を追加しました。
  • IMUデータをグラフ化する機能を追加しました。デバッグ目的でご活用いただけます。
  • マーカーデータ、ジョイントデータ、フォースプレートデータ等のグラフグループを折りたたむ機能を追加しました。
  • グラフの有効数字を変更する機能を追加しました。

インフォペイン

  • インフォペインに従来の「Measurement Tools」「Rigid Bodies」のほか、「Continuous Calibration」「Active Debugging」を追加しました。
  • 「Continuous Calibration(コンティニアスキャリブレーション)」機能上で、キャリブレーション後にカメラに衝撃が加えられた際、変動したカメラの位置を自動修正する機能を追加しました。この自動修正は、コンティニアスキャリブレーションを有効にした状態で、衝撃が加わる前に設定したアンカーマーカー、またはアクティブマーカーを基準にしています。
  • インフォペインのコンティニアスキャリブレーション機能に診断セクションを追加しました。この診断には、各カメラから認識できるマーカー数が十分であるか、マーカー間の距離は認識できる距離感であるか、衝撃が加わったカメラID情報等が含まれます。また、コンティニアスキャリブレーションの基準となるアンカーマーカーの設定が可能です。
  • アンカーマーカーの設定は、3Dビュー上で任意のマーカーを3点以上選択し、アンカーマーカーの「+」を選択、または指定ファイルのインポートから設定が可能です。キャリブレーション後、カメラの位置関係を継続的に補正するため、リスト表示されたアンカーマーカーを基準に実行します。
  • 「Active Debugging(アクティブデバッグ)」機能上で、IMU信号の診断セクションを追加しました。

ラベルペイン

  • ラベルペイン上の並び替え機能を使用する際、ソフトウェア内でラベルのデフォルト順序を保持するよう設定しました。
  • クイックラベルモードでのマーカー選択機能を削除しました。

ログペイン

  • ログペインのUIを一新しました。
  • 詳細なネットワーク診断のためのユニキャストログメッセージを追加しました。

エクスポート

  • ボーンを含むマーカーセットを複数の保存先へ出力する機能を追加しました。
  • すべてのカメラ位置をFBXバイナリに出力する機能を追加しました。
  • 長いビデオのエクスポート機能を追加しました。録画を2GBのチャンクに分割して長いビデオファイルを出力することが可能です。
  • バイナリFBXのエクスポートにおいて、Motive,FBX,Unreal Engineの共通命名規則を追加しました。
  • マーカーセットをビデオエクスポートに出力する機能を追加しました。
  • 生のIMUデータをCSVに出力する機能を追加しました。
  • CSVエクスポートの「時間」欄に有効数字を追加しました。
  • CSVファイル内のすべての箇所で「Bones」表記を「Joints」に変更しました。
  • FBXファイル内の「Stick Skeleton」表記を「Meshed Skeleton」に変更しました。

コントロールデッキ

  • タイムコードをよく使うユーザーのために、下部のバーの通常の時間表示をタイムコード値に置き換えるオプションを追加しました。
  • コントロールデッキの「編集」ボタンを右クリックして、2D / 3Dモードをすばやく切り替え、現在使用しているモードを確認する機能を追加しました。

プロパティ

  • カメラの場所を選択すると、プロパティペインに表示されるよう設定しました。
  • 球、立方体、円柱などのジョイントに一般的なジオメトリビジュアルを適用する機能を追加しました。
  • コンティニアスキャリブレーションの最終更新日時をプロパティに追加しました。
  • プロパティの日付
  • 時刻の値が地域の書式設定標準と一致するよう設定しました。
  • 特定のジョイントの名前とアセット名の両方を同時に表示する機能を追加しました。
  • アセットジョイントのプロパティを追加しました。
  • アクティブタグとベースステーションのプロパティを追加しました。

設定ウィンドウ

  • General>Status Ringsに「Calibration Camera Visuals」を追加しました。キャリブレーション中のインジケーターのステータスライトをワンボタンでオフにできる機能です。
  • General>Status Ringsに「Disable All Lights」を追加しました。すべてのカメラのステータスライトをワンボタンでオフにできる機能です。
  • そのほか、Generalに「Bumped Camera Correction Mode」「Continuous Calibration While Recording」「Take Auto-Save」を追加しました。
  • ストリーミング診断用の XML ブロードキャスト ポートを表示するための読み取り専用プロパティを追加しました。


APIとNmotive

  • マーカーをカメラの2D空間にマッピングしたり、元に戻す方法を示すMotive APIの例を追加しました。
  • Motive APIを介して、カメラのプロパティに簡単にアクセスすることが可能になりました。
  • Motibe APIを介して、アセットのプロパティを直接設定する機能を追加しました。
  • Motive APIに現在検出されているグランドプレーンをフィードバックする関数を追加しました。
  • Peripheral API用のグローブデバイスの例を追加しました。
  • NmotiveのTakeから作業範囲をクエリする機能を追加しました。


NatNetストリーミング

  • NatNet経由で「Recalibrate from Markers」機能が追加され、6RBスケルトンをリモートで再スケーリングできるようになりました。
  • トレーニング済みマーカーセットのストリーミングのサポートを追加しました。
  • クライアントが現在のNatNetビットストリームバージョンを要求できる機能を追加しました。
  • デフォルトの「Bone Naming Convention」を「FBX」に変更しました。
  • シリアル番号を入力する必要がなくなったため、eSync2設定をリモートで変更することがより簡単になりました。
  • データリピーターを可能にするためにNatNetにいくつかの改良を加えました。
  • ストリーミング設定の「Asset Markers」表記を「Marker Constraints」に変更しました。
  • データの解析を高速化するために、ストリーミングされた説明とデータパケットに長さの値が追加されました。
  • PTPデータのsteaming placeholderを追加しました。


デモについて問い合わせをする
(デモにて機能や使用感をご確認いただけます)

Support

Menu